PMS(月経前症候群)に大豆製品が効かない理由

なぜPMSが楽にならないのか?

テーブルの上の大豆と豆乳

 

PMS(月経前症候群)に悩む人の中には、大豆製品や豆乳をよく摂るようにしている方も多いようです。

 

しかし、人によっては思ったほどの効果を実感できない場合がありますから注意が必要です。

 

大豆の効果に個人差がある理由

 

大豆製品に含まれるイソフラボンという成分は、女性ホルモンの働きを良くすることで知られています。

 

その働きのひとつとして、月経前や月経中、更年期に起きる症状を緩和させることがあります。

 

このようなイソフラボンの作用は、特定の腸内細菌の働きによってイソフラボン自体がエクオールという物質に変化することで生じます。

 

このエクオールという成分が、女性ホルモンのエストロゲンとよく似ていることが分かっています。

 

ところが、女性の約半分ほどの人は、イソフラボンをエクオールに変換してくれる腸内細菌が存在しないと言われています。

 

ですから、エクオールをつくれない人の場合は、大豆製品をいくら摂っても、PMSの症状に関してはあまり変化を感じられてないということが起こりうるのです。

 

大豆には、イソフラボンだけでなく良質のタンパク質やミネラルなど健康に役立つ成分が含まれますから、積極的に食べるのは健康にも役立ちます。

 

しかし、女性ホルモンに関連した悩みの場合は、思ったほど効果を実感をできない場合があるかもしれません。

 

そのようなときは、イソフラボンではなくエクオールそのものをサプリメントで摂取することができますから、一度試してみると良いかもしれません。

 

関連記事:PMS(月経前症候群)のサプリメントはエクオールが話題